今日、マラソン指導者の小出義雄さんが亡くなりました。指導を受け、シドニーオリンピック女子マラソンで金メダルを獲得した

高橋尚子さんのコメントに心を打たれました。

 

「オリンピックでメダルがとれたのも世界記録を出せたのも、今の自分があるのも小出監督のおかげです。弱い私を根気よく指導してくださって、一緒に走ってくださって、自信をつけさせてくださって、監督の大切な時間を費やしてくださって、オリンピックでメダルをとらせてくださって、ありがとうございます、と何度言っても伝えきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです・・・」

 

コメントの一部を抜粋させていただきました。

ちょうど『みんなの日本語』の41課で、「〜てくださいました」を教えたばかり。

「〜てくれました」の丁寧な形。相手への感謝の気持ちを表します。

と、教えても、会話ではなかなか出てこないこの表現。次回のレッスンでは、生徒さんに高橋さんのコメントを読んでもらおうと思います。きっと何かを感じてくれるはず。

小出監督のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

ニュースを見ていても、新聞を読んでいても、いつも日本語教師目線で見てしまう😏

そこからいろんな発想が生まれてくるんだと思いますが・・・

 

GWは少し日本語から離れてリフレッシュしまーす😄

 

 

Comment