オーストラリア人のお母さん、フランス人のお父さん、3歳と5歳の子供たち、家族4人一緒に日本語を教えることになりました。勉強
子供たちは日本の普通の幼稚園に通っているので、日本語を話せるようにしたい!とのご要望です。
家族全員、ほとんど日本語がわからないので、幼稚園からもらってくるお便りは、意味不明、とのこと。日本人向けなので、もちろん漢字だらけで大変ですアセアセ少しでも力になれるといいのですが。

初回のレッスンのテーマは、「体の名前を覚えよう!」目
目、鼻、口、耳、頭、肩、ひざ などを教えた後、みんなで「あたま、かた、ひざ、ポン」を歌いました。
子供たちはちょっと恥ずかしそう恥ずかしいでもお父さんが盛り上げてくれました!
その後は、「福笑い」。アイマスクをつけた相手に、「これは目です」と言いながら渡す練習。
楽しんでやってくれました♪



子供たちの集中力はここまで。
次は大人向けに、体の部位名を使って
「どうしたんですか」
「頭がいたいんです」と病状を説明する練習。
そのほかにも「おなかがいっぱい」「おなかがすいた」「喉がかわいた」も教えました。家族で少しでも日本語を話してくれたら嬉しいですにこにこ

次はどんなテーマにしようかなはてな

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM